ホーム About Us システム・料金 ご利用までの流れ イベント情報 お問合せ
aboutus1

SYNERGYBASE サポート企業・団体

シナジーベースは神戸に密着して事業を行って参ります
神戸の特性と良い部分を外部に発信していきます
シナジーベースは、関わりを持つ全ての団体、個人の方にとってプラスになる活動を行うことを目標としております。

また地域に密着するからこそ気づける事を、皆様に発信していきます。
地元を愛し、世の中に貢献し、沢山の人々が成長出来る環境を作って参ります。

一人では成し得ない物事を、外部サポート、協業で実現していきましょう。


synergytitle

起業から企業続く、3 つのステージ。

起業から続く各段階において、それぞれのステージにはそれぞれ異なった武器が必要となります。

aboutus2

シードとは、「種子」という意味合いの言葉で、ベンチャー企業の立ち上げ直後の状態のことを指す。
ベンチャー企業は、その事業の状態により、「アーリーステージ」「ミッドステージ」「レイターステージ」というように分類される。
シードは、アーリーステージの初期段階と位置づけられ、このような状態にある企業に投資するファンドをシードキャピタルと呼ぶこともある。

aboutus3

アーリーステージとは、ベンチャー企業の投資における成長ステージの区分のうち、起業した直後の時期を指す区分である。「スタートアップステージ」と呼ばれる場合もある。
アーリーステージには、起業後おおむね2~3年目までの時期が該当する。事業を開始したばかりの時期で事業運営も安定しておらず、マネタイズもできていないため、銀行からの融資もままならなず、概して資金繰りが困難な時期とされる。
中小企業庁はアーリーステージの中小ベンチャー企業を対象とした資金調達等の支援事業を行っている。

aboutus4

ミドルステージとは、ベンチャー企業の投資における成長ステージの区分のうち、事業が軌道に乗り始め、成長しつつある時期を指す区分である。
ベンチャー企業の成長ステージは起業前後からシードステージ、アーリーステージのように区分される。事業が安定して利益を上げ、さらに利益を伸ばし始める。他方で事業のさらなる成長が求められ、事業規模の拡大や市場開拓などのためにますますの投資が必要とされる。
事業や収益が不安定なアーリーステージでは、一般的なベンチャーキャピタルからの投資や銀行などからの融資を受けることは概して困難とされるが、これはミドルステージになると大幅に容易になるという。

協業から SYNERGY を生み出す。

aboutus5
協業からシナジーを生み出す。
協業「collaboration」は、共に働く、協力するの意味です。
ヒアリング、アンケートを徹底し、意図的に協業体系を作り出す事に尽力しています。
会員内部、外部とわず、適材適所を考えご提案をさせて頂きます。もちろんの事ながら当方からのご提案に一切の強制力はございませんのでご安心下さい。それぞれにあった方法で成長していき、その際にシナジーが必要であればこの環境をご活用下さい。

SYNERGYBASE のサービス

各ステージで必要とされる事柄に対して、フォローアップできるよう下記の通りのサービスをご用意しております。

シード
登記サポート
税理士サービス
名刺作成+デザイン
WEBサイト構築
リスティング広告コンサルティング
店舗構築・ブランディング
バックオフィスサービス
創業資金調達サポート
事業計画書作成
アーリー
資金繰りサポート
マネタイズサポート
人脈紹介
営業サポート
ブランディングサポート
ミドル
企業マッチング
協業サポート
投資、融資サポート
業績アップサポート
市場開拓サポート
人材確保

サポート・サービスの詳細など、ご不明な点がございましたら、スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

私たちができるコト
お問い合わせ>> ご予約・お問い合わせはこちら